日々馬路村

日々馬路村

日々馬路村

石橋夫婦

2021年11月29日

今年、畑を借りてゆずづくりを始めたばかりの石橋夫婦。

「自分のゆずと思うと楽しくてねぇ、朝まで収穫できそう」

「また、調子いいこと言って!」

初々しさとともに、ゆずからもうれしさが伝わってくるようでした。

小松家のゆず

2021年11月26日

 

「ここの木はねぇ、歴史があるで」

馬路村のゆず農家の中でも

かなり若手の小松くんが語ります。

 

もう管理がされなくなった畑を譲り受け、

ゆずづくりに励む小松くん。

 

生産者が変わっても

こうして紡がれながら

村のゆずは守られています。

 

今では、小松家のゆずとして

立派に実をならしていました。

幸せのゆず

2021年11月24日

まるで四つ葉のクローバーのようなゆず。

これほどきれいな四つ子は

とても珍しいので、なにかご利益があるかも?

幸せの四つ子ゆずです。

他にも出べそゆず1号2号や、おしりのゆずなど

いろいろな面白ゆずがぞくぞく届き

集荷場をにぎやかに彩っています。

 

雨でひと休み

2021年11月22日

今日は1日雨模様。

ゆずで忙しい毎日ですが、

雨の今日は農家さんも1日お休みです。

「今日は床屋へ行ってくる。」

「これから買い物に行くがよ。」

雨の日は罪悪感なく休めるきねぇ、と

貴重な休日を楽しむそうです。

久しぶりにまったりした1日になりそうです。

 

 

テレビに

2021年11月18日

「ひろもとさん、こないだテレビ見たでー」

先日高知放送さんの夕方の番組で、ひろもとさんのゆず畑が放送されました。

「あの時テレビに映ったゆずは、ちとこまぁかった(ちいさかった)ろう。

農家としては、もっと大きくて立派な、今日みたいなゆずがよかったなぁ」

と、心残りがあるよう。

十分、つやつやして上等のゆずに映っていましたが、

さすが、いつもゆずの手入れに余念のないひろもとさんです。